こんにちは!ワチです。

ペン回しの基本技、「バックアラウンド」のやり方とコツを解説します。
この記事は第三回です。第一回はこちら!
【ペン回し】休憩時間のヒーロー!かっこいい「ペン回し」のやり方とコツ【第一回】ノーマル



バックアラウンド

こちらもペン回しの中では基本技という扱いですが、ここまで来ると一般人で出来る人はだいぶ少なくなります。

名前の通り、手首のスナップで人差し指の後ろを一回転するトリックです。

それほど難しくはないはずなのですがなぜか急に知っている人が少なくなるトリック…。
テレビとかじゃ基本技として紹介しないからですかね。
知らない人が多いので習得すれば注目浴びること間違い無し!

バックアラウンドの練習法

それでは解説していきます。
ここからは画像を使って解説していきます。ペンのご用意を。
指先か、根本を回るかで2種類ありますが、今回は簡単な指先verを解説します。

1,中指と人差し指でペンを挟み、ペン尻を親指の付け根につけます。
9624


2,中指を曲げて、画像のような形で持ってください。
9623


3,手首を内側に曲げます。
9622


4,親指に引っかからないように手首を少し勢いをつけて、人差し指に巻きつけるように動かします。
9621


5,なんと!あら不思議!ペンがどこかへ吹っ飛びます!

はい。吹っ飛びますよね。
あ、ペンを吹っ飛ばす技ではありません。

巻きつけるようにとか言われてもピンとこないと思います。
下のコツを見ながら練習してみてください。そこまで難しくないので、感覚を掴むと突然出来るようになります。

レッツひたれん!


バックアラウンドのコツ



回すときに人差し指をそらす。

軸が安定してペンが巻き付くようになります。



中指が人差し指についていかないように、中指はしっかり曲げ続けておく。

時々中指と人差し指で挟んだままグイッってなる人がいますが、中指に引っかかってしまわないようにしっかり曲げましょう。



回す動力は手首のスナップ。

これだけでちゃんと回ります。



手の甲を上に返すように回してみる。

こうすることで巻き付きやすくなります。



上級者向け:人差し指で円を描くように回すとキレイに回る。

手首のスナップすらいらなくなります。このトリックに慣れた方は試してみてはいかがでしょう。




コツも含めて意識し練習すれば1日10分、3日間も練習すれば確実にできるようになると思います。
不快に思われる方もいるので、授業中や会議中などでは回さないようにご注意ください。

考え事とかしているときにクルクル回すのはクセになります。
ペン回しは案外奥の深い趣味なので、
これをきっかけに別のトリックを習得してみても面白いかもしれないですよ!

基本中の基本である3つの技の紹介が終わったので、
次回からはさらにペン回しの奥深さに触れてもらうために簡単な「改造ペン」を紹介しようと思います。
【ペン回し】初心者向け対称、非対称のおすすめ改造ペン紹介【改造ペン】

それではまた!